DMG MORI のお客様向けジャーナル

SENSORS

NEW CONDITION ANALYZER – 工作機械に取り付けられたセンサにより、工作機械の状態を監視します。

負荷、振動、温度および油圧の測定、視覚化、分析

ビッグデータからスマートデータまで – 機械データを検出および分析し、お客様に直接フィードバックすることにより、機械の生産性を最大限に引き出します。

  • 複数の生産拠点の工作機械を分析可能

見積依頼

CONDITION ANALYZER

  • NC プログラムの最適化
  • 機械の故障を早期検出
  • 損傷原因の分析
  • 長期にわたる分析用の保存データ

センシング ハードウェア構成 (NLX 2500|700)

*これらのユニットまたはセンサは JIMTOF 出展機には搭載されません。

NLX 2500 製品カタログのダウンロード

download.dmgmori.com

お客様紹介

Schaeffler Technologies AG & Co.KG

インダストリー 4.0 に対応するインテリジェントセンサとソフトウェアのネットワーク接続

Stefan Spindler 博士
Director Industrial
Schaeffler AG

「弊社は今後も DMG MORI と共同で、弊社の生産および DMG MORI のお客様のために、スマートファクトリー化に向けた生産ソリュー ションを開発します。 DMC 80 FD duoBLOCK を用いて Höchstadt の弊社工場で得られた貴重な実地経験と、市場からの好意的な反響がこのアプローチの基本です」。

Schaeffler Technologies の Höchstadt 工場にて DMC 80 FD duoBLOCK を継続して使用

回転テーブルベアリング
YRTMA:
角度測定システムを搭載

リニアローラガイドシステム
RUE 4.0:
圧電型加速度センサを搭載

工作機械の Passion 4.0: Machine Tool 4.0 におけるスマートファクトリー化のソリューションに向けてメカトロニックベアリングシステムと「ローラベアリングの分野でのノウハウ」を結集しました。ローラベアリングの自動診断および残余寿命計算など、Schaeffler のマイクロサービスによるスマートファクトリー化の新たな可能性からメリットが得られます。

  • 負荷、振動、温度および油圧を監視することによる予防保全

Schaeffler Technologies AG & Co.KG
www.schaeffler.com