DMG MORI のお客様向けジャーナル

DMC U duoBLOCK 5 軸加工機

厳選された 5 軸加工ソリューション

CELOS を搭載した SIEMENS 製 NC 装置、または HEIDENHAIN 製 NC 装置を選択可能

by DMG MORI

本体定価
¥ 122,100,000 ~

DMC 160 U duoBLOCK に関する詳細は、
弊社の Web サイトをご覧ください

www.dmgmori.com

DMC 160 U duoBLOCK
4th Generation

  • 最大 ø 1,600 mm、最大質量 4,000 kg の大型ワークに対応する、X / Y / Z 軸移動量 1,600 / 1,600 / 1,100 mm大きな作業空間
  • 強力なギヤボックス主軸を搭載可能: 最大トルク 1,800 N·m5X-torqueMASTER
  • 冷却ユニットによる強制冷却および熱の影響が少ないカーボンプレート上 (Y 軸) に配置されたリニアスケールにより、長期にわたって最高の精度を維持

見積依頼

DMG MORI テクノロジーサイクル

  • 対話形プログラミング
  • プログラム作成時間を最大 60% 短縮

詳細

お客様紹介

国産ジェット旅客機の主翼部品をパレットチェンジャの活用により夜間無人の 24 時間体制で生産

DMG MORI の 5 軸加工機 DMC monoBLOCK、DMU duoBLOCK が並ぶ広々とした第 4 工場に立たれる社長の清水克洋様。

夜間無人での生産を可能にする DMC 65 monoBLOCK をはじめ、monoBLOCK シリーズを活用されています。

5 軸加工機で削りだした、富山県のプロバスケットボールチーム ・富山グラウジーズの選手のトロフィー。

「石金精機は 1951 年、測定器具の専門工場として創業しました。これが第一次創業で、次に工作機械部品事業に転換したのが第二次創業です。創業 60 周年を機に第三次創業として、航空機事業、医薬機器事業、設計製作事業、試作品事業を新たな 4 本柱と定めました」と、社長の清水克洋様は経緯を語られます。2013 年には JIS Q 9100 を取得、航空機部品を手がけられるようになりました。

DMG MORI の 5 軸加工機を駆使した仕上がり精度の高さが評価され、国産ジェット旅客機の主翼部品の受注に成功、現在は主翼部品をはじめ約 40 種類以上の部品製作に携わられています。この間に他の航空機メーカーとの取引も始まり、現在ではボーイング社における Tier3 から Tier2 にランクアップされています。2015 年より、一層の事業拡張を図るため、航空機専用の第 4 工場を稼働されています。

「増えてきた受注に応えるため夜勤シフトも考えましたが、夜勤は従業員の生活リズムに悪影響を与えるのでさせたくありません。ただ、生産効率は可能な限り高めたい。課題解決のために導入したのが、パレットチェンジャ付き 5 軸加工機の DMC 65 monoBLOCK です。段取り替えなしに 3 つのワークを自動連続加工できるので、夜間の無人操業が可能になり生産性が大きく向上しました」 と清水社長は語られます。

2016 年末には、同じくパレットチェンジャ付きで、より長尺のワークに対応できる DMC 85 monoBLOCK を導入される予定です。その狙いは、現在受注されている国産ジェット旅客機の主翼部品すべての加工を、DMC 65 / 85 monoBLOCK に集約することによる仕上がり品質の均一化です。

清水社長は、DMG MORI の 5 軸加工機を「長年、飛行機製作を手がけてきたドイツのものづくりの思想が反映されていて、加工精度のみならず、加工時間短縮、面品位向上においても優れている」と高く評価されています。

株式会社石金精機
富山県富山市流杉255 富山市第二機械工業センター内
http://www.ishigane-fas.co.jp